カードローン!即日融資&低金利で人気の銀行カード〜オリックス銀行カードローン〜

イチロー選手がイメージキャラクターを務めているオリックス銀行のカードローンは、2012年3月に誕生したばかりのまだ新しいカードローンですが、実質年率3.0%〜17.8%と低金利!限度額は最高800万円!300万円までなら所得証明不要!また、来店&口座開設&担保・保証人も不要!そのうえ利用条件も国内在住の20歳から65歳以下で前年度の収入が200万円を超えていればOKなど銀行カードローンとしては比較的緩やか、ということもあり注目&人気を集めています。
オリックス銀行カードローンは、最短即日融資可能なカードローンとしてだけではなく、低水準金利と高スペック!返済方法も残額に応じた額を毎月返済するスライドリボルビング方式ですが、例えば借入残高30万円以下の場合月々の返済は7、000円からでOKと業界最低水準の返済額!ゆとりのある返済システムですから安心して返済計画を立てられる、と近年人気急増中です。
融資限度額が高額であることから、おまとめローンや乗り換えとして利用される方も多いですが、教育費用や引越し・リフォーム資金などに利用される方もいるようです。また、初心者でも安心して利用できるキャッシングとしても大変人気があります。
ちなみに、カード発行後は、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、E-net、ローソンATM、イオン銀行など全国に87、000台以上ある提携ATMを利用し終日手数料無料で、いつでも1、000円単位で借入&返済が出来ます。

消費者金融って何?

「消費者金融」と言う言葉は、みなさん、ご存知ですよね。今でこそ、一般的になり、日本中どこででも、見かけることができますが、ひと昔前は、あまりいいイメージはありまでんでしたよね。
消費者金融は、英語で、Costumer lendingと言います。これは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のことを指します。
また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すこともあるそうです。現在の日本では、国民の10人に1人に当たる約1300万人が利用していると言われています。
1970年代頃は、サラリーマンを対象にした業者が多いとして「サラ金」(サラきん、「サラリーマン金融」の略語)、あるいは市街地(街中)に営業所があることから「街金」(まちきん)と呼ばれていました。
しかし、1980年代頃からは、女性(OLや主婦)や自営業者などの契約も多いとして、「消費者金融」の名称がよく使用されるようになったそうです。
また、過剰な融資や高金利、過酷な取り立てが相次ぐようになり、「サラ金地獄」という言葉が世の中に浸透してしまい、たびたび使用されるようになってしまいました。「サラ金」のイメージが著しく悪くなり、そのイメージを払拭するため、業界が新たな名称として「消費者金融」の使用を推し進めたと言われています。
その高い金利から、今だに「高利貸し」と言う呼び方をする人もいるでしょう。
因みに、日本の法令用語にサラ金や消費者金融などの語は存在していないそうです。

カードローンのキャンペーン

2014年5月現在、キャンペーンが適用されるカードローンはこちらになります。
「アコムのキャンペーン」
・最大30日間金利ゼロキャンペーン
好評につき第2弾となります金利ゼロキャンペーンは2014年6月30日までの期間限定でおこなっております。はじめてアコムを利用される方のみへの提供となっておりますのでご注意ください。
・お友達紹介キャンペーン
友人、知人を紹介(紹介された方が、はじめての借り入れをされた際に適用)していただいた方と紹介された方に最高1万円分のクオカードをプレゼントとなっております。
「モビットのキャンペーン」
・三井住友銀行のATM手数料無料キャンペーン
三井住友銀行提携のATMを利用される場合、借入、返済ともに無料で利用していただくことが可能です。こちらのキャンペーンは2014年9月30日までの期間限定となっておりますのでご注意ください。
「ライフカードのキャンペーン」
・キャッシングでギフトカード10、000円分が当たるキャンペーン
キャッシングの利用50、000円を一口として、抽選で100名様に限り、JCBギフトカード10、000円分が当たります。2014年6月15日までの期間限定となっております。
「オークスカードのキャンペーン」
・50日間無利息 新規入会カードキャッシングキャンペーン
新規入会の方に限り、50日間の無利息サービスが適用されます。ただし、60日以上の借り入れが原則になりますのでご注意ください。

ローンカードは即日審査が当たり前?

皆さんは、総量規制対象外のローンカードの審査に、どれくらいの時間を必要と思われますか?
少し前までは、数日から一週間程度の日数を要していました。
しかし、現在では、審査スピードは、確実に向上しています。
多くのローンカード会社が宣伝しているように、「即日審査」が当たり前になってきています。
「即日審査」とは、文字通り、その日に審査が完了するということです。
その日どころか、早くて30分程度で審査が完了し、実際に現金を引き出すことが可能になってきています。
これまでは、いらいらしながら何日も待たなければいけなかったものが、その日の内に、結果が出るようになっており、非常に利便性が高くなっています。
ローンカードの申込は、最近では、インターネットでの受付も多くなっています。
自宅に居ながら申込ができ、基本的に24時間365日受付を行っています。
ここでも「即日審査」を売りものにしており、結果はメールで返信されてきます。
その結果を持って、無人契約機などでカードを受け取り、備え付けのATMやCDで現金を引き出すことができます。
また、振込サービスを利用すれば、指定された金融機関口座に、自動的に振込が行われます。
ただし、このような「即日審査」が可能な方は、あくまでも審査上に何の問題も無い方が対象になっています。
本人確認や勤務先の確認が出来なかったり、収入面に不足がある方では、どうしても審査に時間を要することになります。
また、申込受付時間帯によっては(特に15時以降の受付)、結果がでるのが翌日以降になる場合もあります。

一般的な銀行カードローンは審査が早くても即日キャッシングは難しい

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック以外にも銀行が提供しているカードローンはあります。
しかし、即日キャッシングが確実な銀行はほとんどありません。
今日の借り入れには多くの銀行は適していません。
審査は早く完了します。
というのもインターネット申し込みを設けていることは銀行でも一般的なこととなっており、そもそもインターネット専業銀行もカードローンの提供があります。
インターネットから申し込みをすると審査に時間はかかりません。
しかし審査結果が早くわかることと、契約が完了することはまた別問題となってしまうのが銀行の特徴でもあります。
審査は早いもので30分もあれば結果が知らされるでしょう。
そこから契約の手続きに入り、キャッシングをするとなれば簡単にはいきません。
振込キャッシングがあれば借り入れはできるかとおもいますが、残念ながら現在の銀行フリーキャッシングで振込キャッシングの対応があるところはほとんどありません。
キャッシングカードがなければ利用ができない銀行は多くなっていますので手元にキャッシングカードが届くまでは借り入れができないこととなります。
低金利の銀行も融資までとなると時間がかかります。
金利が低い代わりにといってはおかしいかもしれませんが、審査は慎重に行われ契約までにも時間がかかるものです。
即日キャッシングを銀行で考えているのなら三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック以外の選択肢は厳しいと思ってよいでしょう。
今日しかないからこそ選択肢は幅広く持つのではなく、絞られた中から考えるべきです。